その名の通り2枚以上の紙を貼り合わせることで、厚みや強度をもたせることができます

弊社では印刷と片面段ボールの合紙を専門としております。

印刷にその用途に応じた片面段ボールを貼り合わせることで、その後よく見られる様々な箱やPOP、

ディスプレイ・陳列台と加工されていきます

【製造工程】

①貼り合わせる印刷を頂きます

印刷寸法と紙の号数(…g/㎡)、紙の種類をお伝えください

巾と流れの方向指定もお願いします

(指定のない場合は通常、紙目と段目をクロスして貼合します)

※弊社の合紙機最少・最大寸法と号数は以下をご参照ください

最少寸法→ 巾450 × 流450 (※400以下も作業できますがロス増加の可能性があります)

最大寸法→ 巾1250 × 流1280

最少号数→ 3-6(180g)※応相談

最大号数→ お問合せください(刷本+E段 合紙まではやっております)

②用途に応じた段の種類(フルート)と中芯の強度、ライナー原紙を選んで頂きます

◆ Aフルート:段高が1番高く約5㎜。主に重量物を入れる箱や強固に囲みたい場合に利用されます

◆ Bフルート:段高約3㎜。多用途で使用され、適度な重さと強度から箱はもちろん、POPや陳列台にも

よく見られます

◆ Eフルート:段高約1.4㎜。お酒やケーキ、お菓子・蛍光灯・贈答用の箱からパットまで、加工のしやすさから

最も多く使用されています

◆ Fフルート:段高約0.8㎜。弊社では製造できませんが、合紙は随時やっております


◇ 白ライナー:170g/㎡  ◇ C5ライナー:160g/㎡  ◇TSライナー: 120g/㎡

◇ K5ライナー:170g/㎡   ◇ K6ライナー:210g/㎡


中芯は4種類扱っております( g/㎡ )

 115g → 120g → 160g → 180g

======================⇒ 強度あり  

(注) ライナー・中芯共に、常時在庫で持っている材料もありますが

無い場合には取り寄せてからの製造になりますので通常よりも

少しお時間を頂戴致します

 【出荷】

貼合完成品は反り防止の為、一束(約50枚位)ずつ反転して積み上げていきPPバンドで

結束し出荷致します。

弊社配達地域の場合は、弊社トラックにて、それ以外の地域に関しましては路線便等使用し

発送致します(路線便の場合はラップ巻)